添加物は一切不使用|美容液に期待できるエイジングケア効果|失った保湿力を取り戻す

美容液に期待できるエイジングケア効果|失った保湿力を取り戻す

添加物は一切不使用

化粧水

技術の進歩で効果もアップ

今までよく言われていた完全無添加化粧品の劣る点として、添加物や化学合成成分を使用した化粧品に比べて効果が落ちるというものがありました。しかし最近は技術革新もあって、完全無添加化粧品でも通常の化粧品と同様の効果を得られるものが増えており、今後は完全無添加化粧品が主流となる可能性も秘めています。今では多くの人が避けるようになっている化粧品に含まれている添加物ですが、元々化粧品として必要なために加えられていました。例えば界面活性剤は、油と水を反応させて肌から浮き上がらせることで汚れを落とす働きがあります。酸化防止剤は化粧品の変質防止に、アルコールは防腐殺菌や油性成分を水に溶かす、使用感を高めるなどの目的です。効果のために仕方なく添加物入りの化粧品を使っていた人たちも、最近では完全無添加化粧品に乗り換える人が増えており、ますます完全無添加化粧品は注目を集めつつあります。

使用期限にも注意が必要

パラベンフリーという言葉が現在の化粧品には多く使われています。パラベンは防腐剤であり、添加物の一種のため化粧品では最近はあまり使われなくなっており、完全無添加化粧品でも当然使用されていません。しかしだからこそ化粧品の劣化には注意をする必要があります。化粧品にも使用期限があり、通常パッケージに記載されています。未開封だとパラベン入りのものでは3年程度が一般的で、開封してからだと1年ほどが期限です。しかし完全無添加化粧品はパラベンが使われていませんから、その分使用期限が短いものが多いので気をつけておかないと、使用期限が過ぎていたということもあり得ます。また保管場所にも完全無添加化粧品は気を使う必要が出てきます。高温多湿といった場所は避けて、温度が安定している冷暗所に保管するのがベストです。